ホーウィン社のシェルコードバンとは

コードバンという革に興味がある方でしたら、一度は「HORWEEN」というは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか!

しかし、これからコードバン製品をご使用いただく方の中には、はじめて聞く方もいるかもしれません。

ということで、今回は世界中に愛好家がいる「ホーウィン社」について、コードバン専門店である塩原レザーの塩原朋和が詳しく紹介したいと思います!

この特集記事を最後までご覧いただきますと、以下の内容が分かります。

  • ホーウィン社とは
  • ホーウィン社が製造する革
  • ホーウィン社のコードバンの特徴とは
  • コードバンのカラーサンプル

はじめて当サイトへお越しいただいた方もいると思います。

本題に入る前に、この記事を書いている塩原レザーについて簡単にご紹介をさせていただければと思います。

2008年にブライドルレザーの専門店として塩原レザーは創業しました。

2016年からはコードバンを定番素材に加え、ブライドルレザーとコードバンの専門店として運営しております!

コードバンもブライドルレザーも、製造をする業者や仕上げ方法によっても風合いや印象など素材感が異なります。

塩原レザーでは10年以上に渡って製品を毎日のように製作しており、製法にも拘って製品の製作を日々行っております。

なお、塩原レザーについてより詳しいページは下記のリンク先からご覧いただけます。

塩原レザーについて

ホーウィン社とは

ホーウィン社のスタンプ

ホーウィン社は、アメリカ第3の都市であるシカゴに所在する100年を超えるタンナーです。

タンナーとは、生の皮(スキン)を腐らないように革(レザー)へとなめす業者のことです!

なお、ホーウィン社では、革への染色などの最終工程も一貫して行っている業者です。

1905年に創業したホーウィン社は、創業時から同族経営を行っており、現在は5代目となり歴史が長く世界的にも非常に有名な革を製造する業者です。

ホーウィン社が製造する革

ホーウィン社製クロムエクセルのサンプル画像

ホーウィン社が製造する革は、コードバンだけではなく用途に合わせた牛革などの製造も盛んに行われております。

特にアメリカンフットボール、バスケットボールに使用されるボール用の革や野球のグローブ用の革まで種類は多いです。

また、クロムエクセルという革の内部に多く油脂成分を含んだ牛革は、近年、革小物はもちろんバッグから靴の素材まで使用されていて非常に人気があります!

ホーウィン社が製造するコードバンの特徴

オイルコードバンの一枚革

ホーウィン社で製造されているコードバンは、オイル仕上げのコードバンです。

オイル仕上げのコードバンとは、革の折れ曲がる部分が割れないように革の内部に油脂成分を多く含んだ製造です。

オイルコードバンについて、より詳しい特集記事がございますのでよろしければ合わせてご参照ください。

オイル仕上げのコードバンとは

なお、このオイル仕上げのコードバンは、ホーウィン社が開発したと言われています!

ホーウィン社製コードバンのブーツ

主に高級靴のアッパー素材や高級時計のベルトの素材として使用されております。

ホーウィン社のコードバンは「シェルコードバン」と言われることが多いですが、特に他のオイルコードバンとは変わりません。

これはコードバンの形が貝殻に似ているからなど由来は諸説あり、欧米ではコードバンとは呼ばず略して「シェル」などと呼ばれることもあります!

シェルコードバンの風合い

 

ホーウィン社製シェルコードバンの1枚革

オイル仕上げのコードバンの為、革に触れると湿ったようなヌトッとした触り心地で、オイルが含まれていることから重さも感じます。

革への染め付けは、直接、革の表面に行われるため、天然素材らしい風合いで、1枚1枚異なる形状をしております。

また、革の表面は最終工程でメノウと呼ばれる鉱物で磨き上げられ、独特の光沢感があります!

ホーウィン社製シェルコードバンのブルーム

なお、長く保管をしていると革の内部から油脂成分が表面に出てくることがあり、ブライドルレザーのようなブルームで表面を覆うこともあります!

シェルコードバンの手入れ

 

染料入りのワックス

ホーウィン社に限らず、オイル仕上げのコードバンは基本的に繊維が表面に出ている状態なので、ご使用いただいている間に繊維が立ち上がり、触り心地にザラ付きを感じることがります。

このような場合には、繊維を寝かせるなどの処置が必要となり、比較的メンテナンスに手間が掛かる素材です。

革の内部に油分が足りなくなってきた場合には、オイルを加える必要があります。

しかし、オイルを表面から加えると、表面はマットな風合いになるので見た目が変わります!

また、表面に水滴が付き、放っておくとその部分が「水ぶくれ(ブク)」を起こします。

これは繊維が水分で膨張し、乾燥しても跡が残ってしまうので注意が必要です!

水ぶくれの跡をもとに戻すことは、基本的にできないため、水ぶくれの周りを水分を含んだクリームなどを使用し、目立たなくすることが唯一の対処方法です。

日常の手入れは、上級者でない限り水溶性の用品よりもワックスで行うことをおすすめいたします!

シェルコードバンのカラーサンプル

ホーウィン社では、定番のブラックカラーから生成り色のナチュラルまでカラーは様々です。

塩原レザーで扱うカラーは、現状、以下の通りとなっております!

また、「#8」というバーガンディ色は、ホーウィン社の伝統カラーと呼ばれており、愛好家の間ではナンバーエイトと呼びます。

ブラック

ホーウィン社製シェルコードバンのブラックは、ごく一般的なブラックです。

ホーウィン社製シェルコードバンのブラック色のサンプル

ネイビー

ホーウィン社製シェルコードバンのネイビーは、室内で見るとブラックのように濃いめの色味です。

ホーウィン社製シェルコードバンのネイビー色のサンプル

#8(バーガンディ)

ホーウィン社製シェルコードバンの#8は、ダークブラウンに赤みを帯びた品のある色味です。

ホーウィン社製シェルコードバンの#8色のサンプル

ダークコニャック

ホーウィン社製シェルコードバンのダークコニャックは、室内で見ると#8と似た色味ですが、このダークコニャックが一般的なダークブラウンの色味です。

ホーウィン社製シェルコードバンのダークコニャックの二つ折り財布(ホックシルバー)-1

#4

ホーウィン社製シェルコードバンの#4は、独特の名称ですがブラウンよりも薄いキャメルにオレンジを混ぜたような色味で、経年変化で少しずつ色味が濃くなります。

ホーウィン社製シェルコードバンの#4

バーボン

ホーウィン社製シェルコードバンのバーボンは、薄めのブラウンで経年変化で少しずつ色味が濃くなります。

ホーウィン社製シェルコードバンのバーボン色の二つ折り財布(小銭入れ付き/シルバー)-1-1

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ホーウィン社についてご紹介をさせていただきました。

なお、ホーウィン社以外にもコードバンを製造する業者はあり、下記の特集記事にてご紹介しておりますので、よろしければご参照ください。

コードバンを製造するタンナーについて

また、当方で製造するホーウィン社製シェルコードバンの一覧は下記のリンク先にてご覧いただけます。

ホーウィン社製シェルコードバンの製品一覧ページ!