セドウィック社のブライドルレザーとは

ブライドルレザーの製造をする業者として、世界中で人気のセドウィック社。

他にもブライドルレザーを製造する業者があるに関わらず、その人気を不動のものにしているのはいったいなぜでしょうか。

結論から言いますと、これぞブライドルレザーという風合いや硬さ、見栄えなどバランスがよく完成度が高いからです。

今回は、そのセドウィック社に関してブライドルレザーの専門店である塩原レザーの塩原朋和がその魅力を解説します!

セドウィック社とは

英国第二の都市であるバーミンガム近郊の町ウォルソールに所在するセドウィック社は、創業1900年の約120年の歴史を持つブライドルレザーの製造を得意とする老舗の業者です。

セドウィック社の正面玄関の画像

正式名称は「J&E SEDGWICK & Co.Ltd」と言い、J&Eとはジェームスさんとエマニュエルさんの頭文字です。

現在は孫にあたるリチャード・ファローさんが代表を務めています。

「セドウィック社」という名称は、ブライドルレザー製品が好きな方なら一度は耳にしたことがあると言っても過言ではなく、世界中で人気のブライドルレザーの製造をリードする存在です。

また、セドウィック社が所在するウォルソールの町は、もともと家畜産業が盛んであったことから皮革産業が盛んになりました。

近年は減りつつあるとはえ、昔から革を製造する業者や馬具用品を作る業者が多くあります。

ウォルソールにあるレザーミュージアムの画像

今ではウォルソールの町が「ブライドルレザーの聖地」と呼ばれ、町の中心からほど近い場所に革の博物館もあります。

革をなめす様子や歴史、そして、馬具用品を製造している当時の様子が再現されていて勉強になる博物館です。

セドウィック社の工場の様子

セドウィック社の代表であるリチャード・ファロー氏と記念撮影画像
セドウィック社の代表であるリチャード・ファロー氏と塩原レザーの代表の塩原朋和

2014年にセドウィック社に訪問し、工場内の撮影やスタッフの方々との対談などを行ってきました。

工場内の各セクションに担当者がおり、他の業者よりも活気があり世界中に供給している様子が伝わってきました。

下記の動画は、セドウィック社の工場内の様子をご覧いただけます。

 

 

セドウィック社が製造する革の特徴と部位や種類

セドウィック社のブライドルレザーは、馬具の需要が減る現在でも多くの馬具用品の革の材料として使用されています。

英国はもちろん欧州や北米、インドなどへ馬具用の革を馬具製造メーカーへ供給しています。

また、近年では革の丈夫さや張りの良さからビジネスバッグや財布などの素材をして人気があり、日本をはじめオセアニアや中国圏にも輸出しています。

ブライドルレザーの部位と革の種類

セドウィック社のブライドルレザーのベンズ部位の画像

世界中から多くの需要があることから、使用する用途によって製造する規格の革も多く、各加工のセクションに専門スタッフが働いています。

革の部位に関係なくセドウィック社のブライドルレザーは、セミアニリン製法で革の表面が仕上げられており、他と比べて透明感があり表面にシワや傷、血筋の跡が少ないのが特徴です。

以下は、箇条書きにした代表的な部位の説明です。

 

・ショルダー部位

非常に硬く張りがあるためバッグ類をはじめ財布類から革小物までオールマイティーに使用できる素材でブライドルレザーらしい風合いをご実感いただけると思います。

 

・ベンズ部位

ベンズ部位は、ショルダー部位よりもしなやかな風合いで繊維が細かく、場所によって表面に気にならない程度の細かいシワやトラがあるのが特徴です。

 

・バック部位

バック部位は、ショルダー部位とベンズ部位を足した部位のことで長さは2mほどあります。主な用途としては、手綱や馬と馬車とを結ぶハーネスに使用されています。

 

・レーシングレザー

レーシングレザーはブライドルレザーと同じ革で、革ひもや革製品ように薄く1.8mm仕上げられた革です。

 

・スティラップレザー

スティラップレザーとは、4.8㎜前後の革の内部に油分を多く浸透させ、折り曲げや伸びに強いベルトなどに使用される革です。

 

・サドルレザー/型押し革

ブライドルレザーとは別に鞍用の革や装飾を目的にした型押しされた革なども製造されています。

 

カラーサンプ

セドウィック社では馬具用品に人気のブラウン系のカラーが豊富で、基本的に濃く深みのある風合いの色味が多いです。

塩原レザーで取り扱うセドウィック社のブライドルレザーのカラーは以下の通りです。

・ブラック:不動の人気カラーのブラック。透明感のあるブラックで光沢感があります!

セドウィック社のブライドルレザーのブラックカラーの画像

・チョコ:薄暗い場所で見るとブラックのようなチョコカラー。品格の良さあり高級感のあるカラーです!

セドウィック社のブライドルレザーのチョコカラーの画像

・コンカー:日本人にとって一番なじみのあるブラウンと言えばこのカラーが当てはまります!

セドウィック社のブライドルレザーのコンカーカラーの画像

・ヘーゼル:コンカーよりも少し薄いカラーで、日本人にとってはキャメルの印象に近いカラー!

セドウィック社のブライドルレザーのヘーゼルカラーの画像

・ロンドンタン:イエローとオレンジの間に位置する英国では伝統的なタンカラー!※色ブレが激しいです。

セドウィック社のブライドルレザーのロンドンタンカラーの画像

・ネイビー:薄暗い場所ではブラックのように来いネイビー。日の光にあたると高級感のあるネイビーに映ります!

セドウィック社のブライドルレザーのネイビーカラーの画像

・ダークグリーン:薄暗い場所ではかなり濃いダークグリーンですが、日の光にあたると高級感のあるダークグリーンです!

セドウィック社のブライドルレザーのダークグリーンカラーの画像

・レッド:発色の難しいレッドは、入荷毎に濃淡の色ブレがあります!

セドウィック社のブライドルレザーのレッドカラーの画像

 

ブルームの特徴と表面の見栄え

ブライドルレザーの特徴であるブルームに関しては、保管期間の長さと比例する形できれいなブラッシングの跡が残り魅力的な見栄えです。

セドウィック社の蠟引き加工の画像

また、新品の状態の表面であれば、ブラシでブルームを磨いても数か月すると表面がブルームで真っ白になります。(布などで磨いた場合は、布の繊維にブルームの基となるグリースが拭き取られてしまうため再ブルームは起こらないことが多いです。)

ブルームのもととなるグリースの画像

なお、ここ数年は世界中から多くの需要により、革が出来上がってからあまり保管期間を経ずに届くことが多いため、入荷時にブルームが噴き出している状態はごく稀です。

しかし、当方にて保管をしている間にブルームが徐々に噴き出し、製品として完成し出荷されるまでの間にきれいにブルームが表面に現れていることが多いです。

メンテナンス用のワックス

セドウィック社のオリジナルワックスのイメージ画像

セドウィック社では、メンテナンス用のワックスも製造されております。このワックスは、シトラスの香料が含まれているため、汗などの匂いがついてしまった際には特に有効です。

ワックスの販売ページはこちらから

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

セドウィック社のブライドルレザーは、初めてブライドルレザーの製品をお買い求めいただく方から上級者までご満足いただける革だと思います。

製品のご購入を検討中の方は、この情報をご活用いただければと思います。

なお、塩原レザーのセドウィック社製ブライドルレザーを使用した製品はこちらからご覧いただけます。

ブライドルレザーとは

2010年前後から爆発的な人気となったブライドルレザーを使用した革製品。

ブライドルレザーの専門店として2008年に創業し、10年以上に渡り毎日のように素材を観てきた塩原レザーの現役の職人が徹底的に解説します!

ここ数年、日本では表面に蝋引き加工を施した「ブライドルレザー風」の革を“ブライドルレザー”として製造販売している革製品メーカーもあります。

本物のブライドルレザー製品をお求めの場合には、是非、このページをご参照いただき製品選びにご活用いただければと思います。

ブライドルレザーとは

セドウィック社での蝋引き加工画像

ブライドルレザーとは馬具用の皮革のことです。

馬具といっても座る部分の鞍(サドル)や手綱なども馬具ですが、主に帯状の馬具に使用される革のことを総称してブライドルレザーと呼び、革の厚みにより馬車と馬をつなぐ革をハーネス、手綱に使われる厚み革をレインと呼んだりします。

馬に装着したブライドルの画像

ブライドルレザーの名前の由来は、馬の顔周りに装着する「ブライドル」という馬具の名前からきています。

ブライドルレザーは、牛革の皮(スキン)をナチュラルタンニンなめし(皮から革への加工方法のひとつ)でなめされ、蜜ロウ、タロウ、植物性油などを混ぜたグリースを(簡単に言うとロウソクのロウみたいなもの)を最終段階でアイロンやブラシなどで革の表面に塗り込みんだものです。

古代からの伝統的なナチュラルタンニンなめしは、有害物質を使っていないので環境にやさしいなめし方で、それぞれ濃度の異なる大きな水槽に一定期間タンニンエキスに付けることで皮から革へと変化していきます。

クレイトン社のピット槽の画像
クレイトン社のピット槽(この水槽の中に革が1枚1枚漬けられています!)

生の皮の状態(スキン)から革(レザー)になるまでに長いものでは1年半もの期間が掛かり、皮革自体も非常に貴重(ブライドルレザー伝統のタンナーでしか良いものは作れません)なもので、群を抜いた価格で取引されています。

馬具の帯状の用具に使用される革類は世界中で製造されていますが、その中でも英国のブライドルレザーは、革の表面にブルームという白い蝋分が噴き出していて独特の風合いです。

ブルームの拡大画像

これは天候の変化が激しい英国の気候に耐えるために、革の表面にグリースを塗り、表面に浮き出るブルームによって雨などに対応する防水性や革の内部の水分を保つための役目を持って開発されました。

このブルームは、ご使用していただいている間に自然に取れていく使用方法が革にとっては一番良い方法だと思いますが、ブルームが気になるお客様は柔らかい布やブラシできれいに拭き取ってご使用ください。

なお、ブライドルレザーの表面にブルームの激しく噴き出しているもの、ほとんど噴き出していないものの革の内部まで油分、蝋分が染み込んだものまで様々で、これは各革の製造業者によっブライドルレザーという革の作り方が若干違うからです。

革の内部にブルームのもとであるグリースが染み込んでいると、一度ブルームが表面から消えても、触れずに数か月から半年ほど保管をしていると再びブルームが噴き出してきます。

2013年1月にブライドルレザー製造する英国のメトロポリタン社のオーナーであるロイさんが来日され、インタビューの撮影を行いました。

製造業者の方から直接「ブライドルレザーとはどのような革なのか」など、いろいろとお聞きしてまいりましたのでご参照いただければと思います。

ブライドルレザーの部位による違い

ブライドルレザーは基本的に1枚革を等級別に分割され、大まかにベンズ部位、ショルダー部位、ベリー部位があります。

これらの部位の違いは、革の使用する用途によって大まかに別れそれぞれの業界で使用されています。

革製品の材料としては、ベルトなどの帯状の製品にはベンズ部位、その他の財布などにはショルダー部位が使用されています。

以下の説明は、各部位のそれぞれの特徴です。

 ベンズ部位

 

ベンズ部位の画像

ベンズ部位は背中から腰部分にかけての部位で繊維が細かく非常に丈夫なことから、主に馬具のベルト状の製品に使用されます。

塩原レザーでは、主にベルト類にベンズ部位を使用しています。

 

 ショルダー部位

 

ショルダー部位の画像

ショルダー部位は、繊維が太く5mmほどの革を1mmほどに薄く加工をしても硬さが維持されることから、バッグや財布などの革製品に使用されます。

塩原レザーでは、ビジネスバッグや財布などほとんどの製品に使用しています。

 

 ベリー部位

ベリー部位は繊維が粗く折り曲げなどに弱いことから、基本的に革製品には使用されません。

英国では伝統的に革製の壁材や床材に使用されることがあり、そのような材料として使用されています。

ブライドルレザーを製造する業者

ブライドルレザーの製造は世界中で行われていますが、ブライドルレザーらしい表面にブルームが噴き出しているタイプは本場である英国に集中しています。

特に馬具用品を製造するメーカーなども所在する英国第2の都市でバーミンガムの近郊のウォルソールという町は革の博物館があるなど今でもブライドルレザーの聖地と呼ばれています。

しかし、近年は本場である英国であっても、本来の馬具の需要が減り業者が減りつつあるのが現状です。

その中でも、現存する製造業者は100年を超える伝統製法を忠実に貫くなど、完成度の高いブライドルレザーを製造しています。

セドウィック社

 

セドウィック社の看板画像

英国ウエストミッドランズ州のバーミンガム近郊の町ウォルソールに所在し、ブライドルレザーの人気とともに今ではトップシェアを誇るブライドルレザーの製造を得意とする業者です。

もともと家畜関係の仕事が盛んであったことからこの土地に革製品産業が盛んになり、創業は1906年の老舗キャリアです。

キャリアとはなめされた革を仕入れ、仕上げ前の加工を行った後に仕上げ工程を行う業者のことです。

特徴は独特の硬さやブラッシングで染み込ませ、時間を置くことで浮き出た独特のブルーム感が最大の特徴です。この代名詞とも言えるブライドルレザーは初心者から上級者の方までご満足いただけます。

また、ブライドルレザーのメンテナンス用のワックスも製造しており、シトラスの香料が入った人気のメンテナンス用品です。(小サイズ65mlと大サイズ500mlの2サイズを取り扱っています。)

 

J.ベイカー社

 

J.ベイカー社の看板画像

英国デヴォン州の町ホニトンに所在する英国屈指の伝統を誇るタンナーです。

製法は2000年前のもので、1860年のJ.ベイカー社の創業よりも長い伝統の皮革と言われていて皮革業界、特に各タンナーにとっては伝説的なタンナーです。

しかし、伝統製法を貫いているため、生産性が低く入手が非常に困難な状況です。

大きな特徴は、とにかく革の芯までロウ分が染み込んでおり、トラが多いのも特徴で上級者向けの皮革です。

 

メトロポリタン社

 

メトロポリタン社の看板画像

英国ノーザンプトンシャ―州の町、スラプトンに所在する約100年の伝統を誇るフィニッシャー。

フィニッシャーとは、なめされた革をタンナーから仕入れ、仕上げ工程を専門的に行う業者のことです。

創業1919年、ガスメーターに使用するパーツを製造を得意としている業者です。

戦争の影響による移転を繰り返しながら当時の従業員、現オーナーであるウィナード氏に所有が移り、厳密には皮革業界内のドレッサーのジャンルに属し、主に鞣された後の仕上げ作業を得意とする英国内の革製品製造メーカーからの信頼も高い業者です。

ベンズ部位、ショルダー部位によってそれぞれの特徴がございますが、それぞれの特徴が生きた風合いと表面はオイル分の多いブルームに覆われ、ベンズ部位、ショルダー部位ともに初心者から上級者の方までご満足いただけます。特に中級者以上の方にお持ちいただきたいレザーです。

 

トーマスウエア社

 

トーマスウエア社の看板画像

英国有数の都市ブリストルに所在する170年以上の歴史を誇る大規模なタンナーです。

世界遺産の候補にも上がる同市内の最古の鉄道駅であるテンプルミール駅の開業と同じ、1840年に創業し、100槽を超える大規模のピット槽を有しています。

鞣し業務だけではなく仕上げ業務も行うタンナーでブリストル市内を流れるエイボン川に沿い、ドレッサー向けの革の鞣し以外にも靴のソール革や産業向けの革や馬具用の革の製造も得意としています。

 

クレイトン社

 

クレイトン社の看板画像

英国ダービーシャー州の町チェスターフィールドに所在する160年の伝統を誇るタンナーです。

米国への移転など様々な歴史を乗り越え、現所在地に戻ってきた英国伝統の皮革を取り扱い、サムエルシャープ社が母体となっているタンナーです。

特徴はモダンタイプとトラディショナルなど複数のブライドルレザーを製造しており、モダンタイプはスプレーでうっすら蝋引き加工され、トラディショナルタイプは伝統的なブラシで蝋引き加工されています。

残念ながら、クレイトン社は現在、身売り状態となっているためこのまま廃業された場合にはデッドストックの革となり希少価値が非常に高くなる可能性があります。

 

グレードレザー社

 

グレードレザー社のブライドルレザー画像1グレードレザー社のブライドルレザー画像2グレードレザー社のブライドルレザー画像3

英国ケント州の町マーゲイトに所在する20年の伝統を誇る比較的新しいタンナーです。

創業者グラハム氏のスペイン・バルセロナで修業を積んだ30年の経験を活かし英国にて創業しました。

英国伝統の馬具用皮革のなめしを得意にしていて、最上級部位であるベンズ部位を使用しているため、きめの細かい繊維質が特徴です。

さらにオイル感が革の内部なで染み込んでいて、表面は激しいブルームに覆われ独特のブラッシング跡が残っています。

この最高部位のベンズを使用したブライドルレザーは初心者から上級者の方までご満足いただけます。

 

塩原レザーで主に扱うブライドルレザーの比較表

ブライドルレザーの製造は明確な取り決めはなく、あくまで馬具の各用品の革として使用できることが条件となっております。

それにより、製造する業者によってブライドルレザーの風合いなどは異なります。

塩原レザーでは、革製品にバランスが取れたセドウィック社製ブライドルレザーのショルダー部位を基準に硬さなどを表現しております。

セドウィック社製ブライドルレザーのショルダー部位の特徴は以下の通りです。

  • 表面の風合い:トラや血筋の跡など気になる場合もありますが、基本的には非常にきれいな表面です。
  • ブルームの状態:入荷時期などによって異なりますが、表面にグリースの層があり保管期間が長くなればなるほどブルームは濃くなります。
  • 繊維の密度:ショルダー部位の標準的な繊維構成です。
  • 革の硬さ:非常に硬く張りがあります。
  • エイジングによる変色:ブラックなど色が濃い場合はほぼエイジングによる変色はありませんが、明るいブラウン系の色やレッドは徐々に濃くなります。
  • エイジングによる光沢感と艶:色が濃淡に関係なく、革の表面が擦れるにつれエイジングによるきれいな艶と光沢感が増します。

※各革の製造業者でも、仕上げ工程などで特注の仕上げ方を行った場合は風合いが異なります。

例えば、上記のセドウィック社製ブライドルレザーのショルダー部位でも、革の芯まで表面の色を染めて仕上げる「芯通し」の仕上げを行った場合は革の硬さや張りが異なります。

その他、塩原レザーで扱う各業者のブライドルレザーの印象は、国内の革製品メーカーで特注仕様の場合があるので風合いや印象が異なる場合があります。

上記の基準をもとに塩原レザーで扱う各ブライドルレザーの特徴の比較表です。

名称セドウィック社セドウィック社J.ベイカー社メトロポリタン社トーマスウエア社クレイトン社クレイトン社グレードレザー社
部位ショルダーベンズバックベンズショルダーショルダーベンズベンズ
入荷時の厚み
(ミリ単位)
2.5/3.03.5/4.55.53.5/4.01.5/3.02.03.0/4.03.5/4.0
繊維の密度
革の硬さ
(1mm厚の場合)
表面の張り
表面の美しさ
表面のワイルド感
新品時の表面の艶
新品時の表面のブルーム
経年変化による変色
濃い色(黒など)
経年変化による変色
淡いの色(キャメル等)
経年変化による艶
バッグ類への適応
財布類への適応
小物類への適応
ベルトへの適応

 

あなたにおすすめのブライドルレザー

塩原レザーは創業時からブライドルレザーの専門店として、毎日素材を観察してきました。

そして、多くのお客様のご質問をいただき10年以上の経験から下記の各項目別におすすめの素材をご提案させていただければと思います。

ご購入時の素材選びの際にはご参考にしていただければ幸いです。

 

素材の風合いから選ぶ

 

セドウィックのブライドルレザーのベンズ部位のチョコのラウンドファスナー長財布-1

 

◇初心者の方や「これぞブライドルレザー」という印象のブライドルレザーをお好みの方におすすめ

→ セドウィック社製ブライドルレザーのショルダー部位を使用した製品

 

◇最大の特徴であるブルームが革の表面を覆うブライドルレザーをお好みの方におすすめ

→グレードレザー社製ブライドルレザーまたは保管期間が長い各種ブライドルレザー

※塩原レザーの既製品の販売ページは、実際にお届けする製品の画像を掲載しております。

ブルームの状態は画像でご確認できますので、各製品の販売ページをご参照いただきお好みの状態の製品をお選びいただければと思います。

 

◇バランスの取れたセドウィック社製ブライドルレザーのショルダー部位よりも高価な素材をお好みの方におすすめ

→ セドウィック社製ブライドルレザーまたはメトロポリタン社製ブライドルレザーのベンズ部位を使用した製品

 

◇革の表面がマットな風合い(ブルームが取れた後の状態)のブライドルレザーをお好みの方におすすめ

→クレイトン社製ブライドルレザー

 

◇革の表面に天然素材らしい血筋の跡やシワの風合いがあるブライドルレザーをお好みの方におすすめ

→トーマスウエア社製ブライドルレザーまたはクレイトン社製ブライドルレザー、グレードレザー社製ブライドルレザー

 

◇ベルトの購入をご検討の方で硬い革がお好みの方におすすめ

→ セドウィック社製ブライドルレザーのベンズ部位

 

◇ベルトの購入をご検討の方で柔らかめの革がお好みの方におすすめ

→ J.ベイカー社製ブライドルレザー

 

その他、製品の完成具合から選ぶ

 

ホーウィンのコードバンのバーボンの二つ折り財布(小銭入れ付き)-3

 

◇日本では流通量の少ない希少なブライドルレザーをお好みの方におすすめ

→メトロポリタン社製ブライドルレザーのショルダー部位またはベンズ部位

 

◇コバ(製品の側面部分)の仕上がりがスムースできれいなブライドルレザーをお好みの方におすすめ

→各ブライドルレザーのベンズ部位またはセドウィック社製ブライドルレザーのショルダー部位

 

◇革の床面(背面)が表面と同じ色で仕上げられている製品をお好みの方におすすめ

→トーマスウエア社製ブライドルレザーまたは「芯通し」された各種ブライドルレザー

※床面とは、ブルームが噴き出している表面とは異なる背面側の面のこと。

なお、セドウィック社のブライドルレザーの床面は生成り色(肌色)です。

※芯通しとは、表面の色味を床面まで染めている加工のこと。

なお、芯通し加工を施したブライドルレザーは柔らかい印象になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

巷で人気のブライドルレザーの革製品ですが、細かい話を始めると奥深い素材です。

今、製品の購入をご検討いただいている方からこれからご検討いただく方までご参考にしていただければと思います。

なお、ブライドルレザーは天然素材のため、日頃のメンテナンスを行っていただくことでより長く良い状態でご使用いただけます。

ご興味がございましたら、メンテナンス方法の特集記事などもご参照いただければと思います。(ただいま、サイトリニューアル中につき、徐々に特集記事を掲載しています。)