顔料仕上げコードバンのエイジング日記

顔料仕上げコードバンを使用した製品が、どのようにエイジングをしていくのか気になる方もいらっしゃると思います。

特にコードバンには種類があり、それぞれのタイプによって個性が出るので製品を購入前に、ある程度、エイジングの状態を知りたいという方も多いと思います。

そこで、今回はコードバン専門店である塩原レザーの塩原朋和が、実際に製品を使用して使用開始からエイジングの状況についてご紹介していきたいと思います。

この特集記事を最後までご覧いただきますと以下の内容が分かります!

・エイジングを観察する製品の紹介と仕様

・使用開始前の製品の状態と使用する環境

・エイジング初期の状態

エイジング2週間目の状態

はじめて当サイトへお越しいただいた方もいらっしゃると思います。

本題に入る前に、この記事を書いている塩原レザーについて簡単にご紹介をさせていただければと思います。

2008年にブライドルレザーの専門店として塩原レザーは創業しました。

2016年からはコードバンを定番素材に加え、ブライドルレザーとコードバンの専門店として運営しております!

コードバンもブライドルレザーも、革を製造をする業者や仕上げ方法によって、風合いや印象など素材感が異なります。

塩原レザーでは10年以上に渡って製品を製作しており、素材や製品について最前線で日々観察をしているので信用していただける内容だと思います。

なお、塩原レザーについての詳細は、下記のリンク先にてご覧いただけます!

塩原レザーについて

エイジングを観察する製品の仕様と詳細

今回、顔料仕上げコードバンのエイジングの状態をご紹介するために、下記の製品を使用したいと思います。

シンプル名刺入れの正面

サイドから見たシンプル名刺入れ

シンプル名刺入れの背面

顔料仕上げコードバンの光沢感

製作者である塩原朋和作の刻印

宮内産業社製顔料仕上げコードバンのシンプル名刺入れ

・製作:塩原朋和 作

・素材:宮内産業社製顔料仕上げコードバン

・カラー:ブラック

・ミシン縫製糸:ブラック

・名刺収納スペース:1か所

※名刺の標準サイズと言われる縦55mm×横91mm×厚み0.2mmの名刺を10枚前後、収納できるようにデザインしております。

・サイズ:縦約6cm×横約11cm

使用開始前の製品の状態と使用する環境

シンプル名刺入れの内側

シンプル名刺入れのコバ面

顔料仕上げコードバンの拡大画像

製品の使用を開始する前に、製品の状態とエイジングに大きく影響する使用用途などについてご紹介します!

新品時の製品の状態

 

顔料仕上げコードバンは、日本独特の歴史と文化で発展を遂げてきた世界的には珍しいコードバンです。

宮内産業社の顔料仕上げコードバンは、ガラス面のようにきれいな光沢感を放つのが特徴。

製品を使用せずこのまま眺めていたい気分になるほどです!

また、使用開始前は本磨き処理された1枚革のように見えるコバ面が非常に綺麗です。

使い始め1か月程度は、製品に凹みや大きい傷がついてしまうとショック度が大きいので、気を使って使用したいと思います!

製品を使用する環境

 

・使用用途:ビジネス用途

・使用頻度:毎日

・収納場所:小さめのボディバッグに小物と一緒に収納

※電卓など硬い小物も一緒に収納

・収納量:標準サイズの名刺を10枚前後

・メンテナンス:革の状態を見極めて長く良い状態で使うための最低限の手入れ

エイジング初期の状態

エイジング2日目のシンプル名刺入れ

10枚の名刺を入れた状態

エイジング2日目のコードバンの拡大画像

上記の画像は、使用開始2日目の画像です。

革が製品として馴染んでいないため、名刺の出し入れのしにくさはあるものの、新品の独特の硬さが良い感触です。

じっくりと観察をすると、細かい傷がついています。

ボディバッグに硬い小物と一緒に収納しているので、これは想定の範囲内としています。

スーツのポケットなどに単体で収納をすれば、傷がつくことはないと思います!

遠目に見るとコバ面も含めてまだまだ新品のような印象です。

エイジング2週間目の状態

エイジング2週間目のシンプル名刺入れ

エイジング2週間目の表面の光沢感

表面についた小さい傷

ホーウィン社製オイル仕上げコードバンと光沢感を比べた画像

光沢感を比べた拡大画像

シンプル名刺入れの使用を開始して、2週間が経過しました。

大きい目立つ傷がつくこともなく、順調な使い始めだと言えます。

使用環境から細かい傷はついているものの、シワがつくこともなく、コバも新品に限りなく近い状態です。

ホーウィン社のオイル仕上げコードバンの新品があったので、比較画像を撮影しました。

上記画像3,4枚目の左側がホーウィン社製オイル仕上げコードバン、右側が宮内産業社製顔料仕上げコードバンです。

ホーウィン社製シェルコードバンが決して光沢がない訳ではなく、顔料仕上げコードバンの方が光沢感が強いのがお分かりいただけると思います。

エイジング2週間目でも、そのガラス面のようなきれいな光沢感は健在です!

次回は、1か月前後のエイジング状態をご紹介する予定です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、顔料仕上げコードバンのエイジングについて、ご紹介をさせていただきました。

今後、定期的に製品のエイジング状態を更新しますので、またご覧いただければと思います!

この情報をもとに、製品を長く良い状態でご愛用いただければ幸いです。

なお、顔料仕上げコードバンについて、詳しく解説した特集記事もございますので、よろしければご覧ください。

顔料仕上げのコードバンとは

また、コードバンについて総合的にまとめた特集記事もございます。

コードバン百科事典