染料仕上げコードバンのエイジング日記

染料仕上げコードバンを使用した製品が、どのようにエイジングをしていくのか気になる方もいらっしゃると思います。

コードバンには種類があり、それぞれのタイプによって個性が出るので製品を購入前に、ある程度、エイジングの状態を知りたいという方も多いと思います。

そこで、今回はコードバン専門店である塩原レザーの塩原朋和が、実際に製品を使用して使用開始からエイジングの状況についてご紹介していきたいと思います。

この特集記事を最後までご覧いただきますと以下の内容が分かります!

・エイジングを観察する製品の仕様

・使用開始前の製品の状態

・エイジング初期の状態

・エイジング1か月目の状態

はじめて当サイトへお越しいただいた方もいらっしゃると思います。

本題に入る前に、この記事を書いている塩原レザーについて簡単にご紹介をさせていただければと思います。

2008年にブライドルレザーの専門店として塩原レザーは創業しました。

2016年からはコードバンを定番素材に加え、ブライドルレザーとコードバンの専門店として運営しております!

コードバンもブライドルレザーも、革を製造をする業者や仕上げ方法によって、風合いや印象など素材感が異なります。

塩原レザーでは10年以上に渡って製品を製作しており、素材や製品について最前線で日々観察をしているので信用していただける内容だと思います。

なお、塩原レザーについての詳細は、下記のリンク先にてご覧いただけます!

原レザーについて

エイジングを観察する製品の仕様と詳細

今回、染料仕上げコードバンのエイジングの状態をご紹介するために、下記の製品を使用したいと思います。

新品のカードケースの表面

新品のカードケースのサイド面

新品のカードケースの背面

カードケースのコバ面

染料仕上げコードバンの光沢感

レーデルオガワ社製染料仕上げコードバンのカードケース

・製作:塩原朋和 作

・素材:
表面/レーデルオガワ社製染料仕上げコードバン
背面/国産ヌメ革

・カラー:
コードバン/ネイビー
ヌメ革/ネイビー

・ミシン縫製糸:ネイビー

・カード収納スペース:2か所

※手前側に1枚、奥側に2,3枚のカードを収納できるようにデザインしております。

・サイズ:縦約6.5cm×横約10cm

使用開始前の製品の状態と使用する環境

使用開始前のカードケースの正面

上部から見た使用開始前の製品

染料仕上げコードバンの拡大画像

使用開始前のカードケースのコバ面

製品の使用を開始する前に、製品の状態と使用用途などについてご紹介します!

新品時の製品の状態

染料仕上げコードバンは、オイルコードバンとは異なり革の内部の油分量が少ないため、革が硬い風合いです。

革が徐々に馴染むにつれて、柔らかさが増してきますが凹み傷が付いてしまうと元には戻せないので、使用開始から1か月ほどは傷が付かないように気を付けて使用したいと思います。

なお、革の表面もコバもよい状態なので、使用開始前にワックス掛けなどを行わずにそのまま使用を開始したいと思います。

製品を使用する環境

・使用用途:日常使いの定期入れ

・使用頻度:毎日

・収納場所:リュックの外側ポケット

※ティッシュや鍵類など小物も一緒に収納

・収納量:表面のポケットに交通カード1枚、背面ポケットに折り畳んだメモ紙1枚

・メンテナンス:革の状態を見極めて補色や保革による手入れ

エイジング初期の状態

製品の使い始めは、傷が付かないように気を使いながら使用しています。

しかし、鞄の中に収納をしていると、他のものと触れ合うため薄くて細かい傷が付いてしまいます。

以下は、使用開始1週間の製品のエイジング状況です!

使用開始3日目

 

使用開始3日目のカードケースの正面

使用開始3日目の中身を入れたカードケース

使用開始3日目のコードバンの拡大画像

使用開始3日目の細かい傷

使用開始3日が経過しました。

表面には傷が付くこともなく、光沢感も使い始める前と同じ風合いで新品に限りなく近い状態です。

ただ、背面側に金属の鍵類が触れることで、細かい傷が付いているを確認しました。

使用開始7日目

 

エイジング7日目のカードケース

使用開始7日目のコードバンの状態

エイジング7日目のカードケースの背面

エイジング7日目の背面の細かい傷

使用開始7日が経過しました。

使い始め当初は、革が製品として馴染んでいないため、背面ポケットから取り出しづらさを感じましたが、徐々に使いやすさを実感してきました。

コバ面も新品時の状態を維持していて、まだまだ新品の風合いを残しています。

ただし、背面側には細かい傷が増えたように感じます。

エイジング1か月目の状態

エイジング1か月目のカードケース

カードケースの背面

シワや細かい傷が付いたコードバンの拡大画像

エイジング1か月目のコバ

製品を使い始めて1か月ほど経過しました。

革が収納しているカードなどの形状に順応して、使い勝手がよりスムーズな印象を受けます。

コードバンの色抜けもなく、コバも凹むこともないため、まだまだ新品の風合いを残している状態です!

しかし、カードケース下部の両端に折れジワや線状の凹み傷が観察できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、染料仕上げコードバンのエイジングについて、ご紹介をさせていただきました。

今後、定期的に製品のエイジング状態を更新しますので、またご覧いただければと思います!

この情報をもとに、製品を長く良い状態でご愛用いただければ幸いです。

染料仕上げコードバンについて、詳しく解説した特集記事もございますので、よろしければご覧ください!

染料仕上げのコードバンとは

また、コードバンについて総合的にまとめた特集記事もございます。

コードバン百科事典