ブライドルレザーのベルト!J.ベイカー社のブラック編

今回の逸品は、ブライドルレザーを使用した製品の中で最も適した製品であるベルトをご紹介したいと思います。

ベルトに使用したブライドルレザーは、伝説のタンナーと呼ばれる伝統製法を、今でも貫くJ.ベイカー社のブライドルレザーです!

この記事を最後までご覧いただきますと、以下の内容が分かります!

  • ベルト素材はJ.ベイカー社製ブライドルレザー
  • 革のカラーはブラック
  • バックルはカジュアルタイプのゴールド色
  • サイズは76cmから96cmの5サイズ
  • 価格は9,800円

本題に入る前に、この記事を書いている塩原レザーについてご紹介させていただければと思います。

2008年にブライドルレザーの専門店として塩原レザーは創業しました。

ブライドルレザーの本場である英国から、さまざまな業者が製造をした本物のブライドルレザーに触れてきました。

それぞれ同じブライドルレザーといっても、製造をする業者や部位によっても風合いや印象など素材感が異なります。

塩原レザーでは10年以上に渡って製品を毎日のように製作しており、製法にも拘って製品の製作を日々行っております。

なお、塩原レザーについてより詳しいページは下記のリンク先からご覧いただけます。

塩原レザーについて

ブライドルレザーはJ.ベイカー社を採用

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのSSサイズの全体画像

ブライドルレザーを使用した革製品の中で、一番素材の良さが活きる製品がこのベルトだと思います。

それは、もともと馬具用の「ブライドル」など帯状で耐久性の良い革として開発されたからです。

その中でも、今回の素材は伝説のタンナーと呼ばれるJ.ベイカー社です!

塩原レザーで扱うJ.ベイカー社のブライドルレザーは、ハーネスウエイトと呼ばれる馬車などと連結するために開発されたもっとも厚みがあるタイプです。

このハーネスウエイトは、急激な衝撃に耐えられるように革の内部までオイル分が浸透したタイプのブライドルレザーです。

なお、J.ベイカー社製ブライドルレザーは以下のように、特徴的な素材のため上級者向けの素材とさせていただいておりますのでご理解ください。

  • 革の内部までオイル分が浸透していて、コルクのような風合いで表面に傷が付きやすく、入荷の時点から傷が多いです。(当方ではそれを承知の上で扱っております!)
  • 革をなめす際の独特の匂いがする場合があります!

最初は細かい傷が気になるかもしれませんが、耐久性は抜群でご使用いただいている間に気にならなくなると思います!

J.ベイカー社製ブライドルレザーの詳細については、以下のリンク先にてご紹介しておりますので、よろしければご参照ください。

J.ベイカー社のブライドルレザーとは

J.ベイカー社のブラックカラーの特徴

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのSSサイズの革の表面

続いては、今回のベルト素材に採用したJ.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックカラーの特徴についてです。

色味については、一般的なブラックと思っていただければと思います。

ブライドルレザーの中には、ご使用いただいている間に革の表面の色味が抜ける場合がありますが、この素材はあまり気になりません!

革の硬さについては、5.5mm厚ですが一般的なブライドルレザーよりも柔らかめです。

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのLLサイズの厚み

表面の風合いは、細かいキズやシワが多めです!

また、表面はグリースに覆われているので光沢感がありますが、革自体の表面はどちらかと言えばマットな風合いです。

なお、経年変化(エイジング)によって、表面は艶が増してきます!

バックルはカジュアルタイプのゴールド色

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのSSサイズのバックル周り-1

バックルについては、カジュアルタイプのゴールド色を採用しました。

ジーパンやチノパンによく合うデザインのバックルだと思います。

もちろん、ビジネスシーンでもご使用いただけます!

なお、今回のバックルは鍍金加工しております。

上記より、よほど長期間使用するか、使い方が粗くない限り緑青が表面に現れることはほぼないです。

緑青とは、金属の表面にグリーン掛った錆のようなものです。(触っても人体に問題はございません。)

金属がむき出しで仕上げられた真鍮素材のバックルなどは、人の汗や空気中の化学反応によって緑青が現れます。

ウエスト76cmから96cmまでの5サイズ

ベルトの長さの測り方-1

今回のベルトは、ウエストサイズが76cmから96cmように5サイズをご用意いたしました。

ウエストの長さは、上記の画像のようにバックル先端の内側から、下記の画像のように5つあるベルト穴の中心までの長さです。(画像のサイズは、Mサイズです。)

ベルトの長さの測り方-2

なお、ベルト穴は、1本のベルトに5つあります。

上記より、例えばウエスト76cm基準のSSサイズは、ベルト穴が5つあるのでウエスト71cmから81cmまでの対応となります。

ベルト穴の間隔は、2.5cm単位です。

各サイズのウエスト対応は以下の通りです。

  • SSサイズ:基準ウエストサイズ76cm/ウエスト対応サイズ71cmから81cm
  • Sサイズ:基準ウエストサイズ81cm/ウエスト対応サイズ76cmから86cm
  • Mサイズ:基準ウエストサイズ86cm/ウエスト対応サイズ81cmから91cm
  • Lサイズ:基準ウエストサイズ91cm/ウエスト対応サイズ86cmから96cm
  • LLサイズ:基準ウエストサイズ96cm/ウエスト対応サイズ91cmから101cm

また、サイズの選び方については、ご自身の今ご使用いただいているベルトの長さを上記のようにメジャーにて計測いただくことで、最適なサイズ選びができると思います。

※このベルトは、より耐久性を持たせるためにサイズの調節ができないデザインとなっておりますのでサイズ選びの際はご注意ください。

その他のベルトの仕様詳細

素材やバックルについては、これまでの項目でお伝えをしてきました。

以下は、その素材や製品を活かす拘りの製法や仕様についてご紹介いたします!

縫製はブラック糸による手縫い

 

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのLサイズのバックル周り-1

今回のベルトの縫製は、手縫い縫製にて加工をしております。

ミシン糸よりも太い、極太の約1mm幅のポリエステル糸を使用しておりますので耐久性は抜群です!

床面は生成り仕様

 

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのLLサイズの背面

ベルトの床面は、生成り仕様となっております。

新品の状態では、表面がザラザラした風合いですが、エイジングによりツルッとして触り心地になります。

コバは本磨き

 

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのLLサイズのコバ

コバとは、革の側面のことを言います。

このコバは、表面と同じブラックに染めて本磨き加工を施しております。

本磨き加工によって滑らかな触り心地ですが、床面と同じようにご使用いただいている間に、経年変化によって更にツルツルした風合いになります。

製作者は塩原朋和

 

J.ベイカー社製ブライドルレザーのブラックのゴールドバックルのベルトのLサイズの刻印

こちらのベルトは、この特集記事の筆者である塩原朋和によって製作いたしました。

バックルの背面側に「塩原朋和 作」の刻印を施工しております!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、J.ベイカー社製ブライドルレザーを使用したベルトについてご紹介させていただきました。

製品の販売は以下のリンク先にて承っておりますので、ご興味がございましたらご覧ください。

ブライドルレザー ベルト(J.ベイカー/ブラック/SSサイズ/ゴールドバックル)

ブライドルレザー ベルト(J.ベイカー/ブラック/Sサイズ/ゴールドバックル)

ブライドルレザー ベルト(J.ベイカー/ブラック/Mサイズ/ゴールドバックル)

ブライドルレザー ベルト(J.ベイカー/ブラック/Lサイズ/ゴールドバックル)

ブライドルレザー ベルト(J.ベイカー/ブラック/LLサイズ/ゴールドバックル)

塩原レザーでは、実際にお届けをする製品の実物画像を各販売ページに掲載しております。

上記より、事前に製品を確認できるので安心してお買いものしていただけると思います!